これって漏電?ブレーカーが頻繁に落ちるなら調査をしよう

住居が古くなってくると、どうしても電気配線なども劣化してきます。また、内部に動物が侵入したりすると、電線がかじられたりすることもあります。そのようなことが原因となり、漏電ブレーカーが落ちたりすることも出てくるようになります。

もし漏電が発生した場合、その調査は基本的には自分でやろうと思えばできるのですが、細々した部分の調査や修理対応については、電気工事士の資格が必要になってきます。そのため、漏電ブレーカーが落ちるといった症状が出るようでしたら、電気工事士といったプロに任せて対処をお願いするのがいいでしょう。

ここでは、漏電やその調査方法について解説いたします。

これって漏電?漏電について

漏電ブレーカーが落ちると、漏電が発生している証拠です。これは字の如く電気が漏れている状態のこと。本来の回路から流れるはずのないところで電気が漏れてしまっている症状をいいます。この症状が発生すると、不意に感電したり、漏れた電気によって燃えやすいものが発火したり、火災が発生するといったリスクがあるのです。

漏電ブレーカーは、そのような事故を未然に防ぐために電気の流れを遮断するためのものです。つまり漏電ブレーカーが落ちたということは、その対象の回路で電気が漏れているということなのです。

漏電している回路の調査方法

専門家に依頼するまでに時間がかかる場合、漏電ブレーカーが作動していたら家中の電化製品が使えない状態になります。その為、対象の回路を特定しておけば、安全に対象以外の部分の電化製品を使うことは可能です。

分電盤の中には、メインのブレーカー、漏電ブレーカー、そして個別に分かれた安全ブレーカーが用意されています。この安全ブレーカーを使って漏電している対象部分を特定することができるのです。

まず、安全ブレーカーを全部切り、漏電ブレーカーを入れます。次に一つずつ安全ブレーカーを入れ、漏電ブレーカーが作動しないか確認を行います。チェックしている中で漏電ブレーカーが作動した安全ブレーカーがあれば、そこが漏電している対象の回路となります。

ここを特定できれば、その安全ブレーカーだけ切っておりて、専門家に任せるようにしましょう。

漏電調査や修理を行う場合の注意点

漏電が発生した場合、戸建ての所有者であれば、自分で依頼から修理手配まで行わなければいけませんが、集合住宅や賃貸の戸建てなどの場合は、大家や管理会社にまずは相談しておく必要があります。

漏電の原因が住んでいる住人であれば、費用は自己負担になるでしょうが、管理者側だった場合、管理者側に調査や修理依頼を任せたり、費用請求を行うことが可能な場合があります。

そのため、おかしいと思えば先に管理会社や大家に相談するようにしましょう。

漏電原因も対処しよう

今回は漏電とは何かということ、そしてその調査方法について解説いたしました。しかし身体と同じで怪我を治したからといって、その原因の対処をしないとまた再発してしまいます。そのため、漏電が発生する場合は、その原因となる部分についても対処するようにしましょう。

特に漏電は予期せず状態で感電してしまい危険ですので、しっかりと調査し、修理対応や原因の改善を行うようにして、安全に電気を使いこなすようにしましょう。

お問い合わせはコチラ

お気軽にお問い合わせください。050-6871-0100受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ