アンテナ工事を専門店に依頼するメリットとデメリット

地上波放送がアナログ放送からデジタル放送に移行して10年が経過しました。10年前の2011年、アナログ放送は完全に終了し、完全デジタル放送に移行したのですが、それに伴い、それまでのアンテナではテレビが映らなくなるということで、取替え工事は大きく数を増やすことになりました。

この交換需要の増加に伴い、アンテナ工事の専門店は増え対応に当たりました。アナログ放送時代には工事専門店はほぼなく、街の電気屋さんや量販店に依頼したりしての対応となっていました。ですが、需要が多いことから工事を専門に事業を始める人が増えたのでした。

今回はそのようにして増えたアンテナ工事専門店に工事を依頼するメリットやデメリットについて解説します。

アンテナ工事を専門店に依頼する3つのメリット

専門店に依頼するメリットは大きく3つあります。それらのメリットについて詳細を解説いたします。

1.知識や経験が豊富

専門店では、少なくとも2011年の地上デジタル放送完全移行に間に合うように工事対応を行ってきているので、少なくとも10年以上の経験を持っているというケースが多いかと考えられます。そのため、アンテナ工事に対する知識や経験は豊富なのです。

例えば、電波塔の方向から、どの位置に付ければ電波を豊富に受信できるかなど、周囲の環境と照らし合わせて判断することができます。また、アンテナや専門機器などの知識も豊富なため、お客様の要望に沿って最適な機材を選択することも可能。そのため、安心して工事を任せることができるのです。

このように知識や経験が豊富なことが大きなメリットだといえます。

2.一番適した工事方法を選択することができる

専門店では、メリットの一つ目で解説したように、その知識や経験から、最良の工事方法を選択することができます。最初から安く見積もって、いざ工事を始めるにあたって高額な提案を行ったりするというリスクは少なく、事前にある程度の費用を見積もってもらうことができます。

3.技術力がある

アンテナ工事を専門にしていることから、取付工事の技術力は抜群です。

速さや丁寧さにおいても専門店に依頼するメリットの一つだといえます。

逆に専門店に依頼するデメリットはある?

一方で専門店に工事を依頼した場合のデメリットは大きく2つあります。この2つについても簡単に解説いたします。

まず、アンテナ以外の工事を併せて頼むことができません。そのため、取付け工事以外での工事を併せて検討している場合には一つの業者だけで全体工事が完結することができないのです。

もうひとつのデメリットは、電気工事業法などの関連法令が遵守できていない場合があるということです。特に他業種から参入しているような事業者や個人事業としてアンテナ工事を行っている方の場合、そのような可能性もあるのです。

アンテナ工事を専門店に依頼する際の特徴・注意はこちら

アンテナ工事を専門として広告を出す事業者は2011年の地上デジタル放送以降前に増加しました。それまではほとんど専門で工事を行う事業者は無かったほどです。その為、注意点としては、形だけ会社を装い、作業者は募集して集まった個人事業主が請負って行っているというケースもあったりします。そのため、事前にサービスなどは確認しておくほうがいいでしょう。

今回メリットとデメリットについて解説いたしましたが、これらの注意点も考慮しておかなければ、工事に当たって費用が大きく膨れてしまうケースもあったりします。そのため、依頼する前に事前比較などを行うこともおススメします。

お問い合わせはコチラ

お気軽にお問い合わせください。050-6871-0100受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ