エアコンの取り付けに資格は必要?

エアコンは比較的単価の高い電化製品の一つです。そのうえ取付け工事も1~2万円といった感じの相場で、決して安いものでもありません。そのため、せめて自分で設置することが出来れば電気代を安く抑えることができると考えるかもしれません。

ですが、電気工事になってくるため、エアコンを取り付ける作業では資格保持者でなければできない作業もあったりします。

ここでは、取付け作業を行うのに資格が必要になる作業について解説します。

一般家庭用のエアコン取付けに資格は必要?

一般家庭用のエアコンを取付けしようとする場合、実は特別な資格は必要がなく、個人でも取付けしようと思えば取り付けは可能です。

エアコンの取り付けそのものは難しい作業が多いものの、その手順さえしっかりと守って行えば取付けできるのです。ただ、作業途中で辞めてしまったりするとエアコンが壊れてしまいますので、一度取り付けを始めたら完了するまで作業を辞めるわけにはいきません。また、取付けに失敗しても故障や事故につながる為、個人で取付けするのは実はリスクもいっぱいあるのです。

ただ取付け作業だけであれば、資格はなくても個人で行うことは可能なのです。

取付け作業の付随工事は資格が必要!

取付け作業に特化して解説しましたが、取付けは単純にエアコンを設置して室外機と配管をつないで電気をつなげばOKというわけではありません。例えば設置する近くにコンセントがなければ、コンセントを設置する必要があります。

また、100Vコンセントがあったとしても、200V使用のエアコンの場合、コンセントの切り替えを行う必要性があったりします。また、内外接続線の壁への固定なども付随作業としてでてきます。

実はこれらの付随作業については、資格がなければできない作業になります。そのため、資格がなくても設置はできても、取付け工事の電気工事に該当する部分は電気工事士の資格がなければできません。そのため、無資格者が取付けだけできたとしてもエアコンを実際に使えるようにはできないのです。

難しい作業が多いエアコンの取付けは工事業者に依頼しよう

エアコンの取付けについて個人でも出来るかについて解説しました。実際のところ、電気工事士の資格を持った人でなければ対応できない部分があることからも、専門業者に依頼するのがいいということがご理解いただけたかと思います。

配管パイプ用の穴開け工事やエアコン設置後の真空引き、配線ミスなど、エアコンを取り付けるにあたり発生するトラブルは多くあり、せっかく購入したエアコンそのものを壊してしまうリスクもあることから、エアコンの取付けは専門の工事業者に依頼するようにしましょう。

お問い合わせはコチラ

お気軽にお問い合わせください。050-6871-0100受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ