防犯カメラを設置するポイントとは?

田舎の実家の周辺ではご近所さん含め玄関にカギをかけずに夜は寝ているというご家庭がいまだにあったりするという話を聞きます。ですが、時代の経過とともに田舎でも治安は悪くなってきています。せめてカギはかけて夜を過ごして欲しいと思うのですが、田舎でも防犯カメラを設置する民家は少しずつですが増えつつあります。

これまで防犯カメラと言えば、店舗やオフィスといった職場についているものというイメージでしたが、自宅に設置するということも多くなってきており、都会の閑静な住宅街だけでなく、田舎であっても取付ける家庭は増えてきています。

この設置についてですが、選び方や場所などを誤れば、防犯効果が得られない場合もある為注意が必要です。そこで、ここでは、設置する際のポイントについて解説いたします。

防犯カメラを設置するポイントは「選び方」「設置場所」「設置方法」の3

防犯カメラを設置する際に注意したいポイントは、カメラの選び方、カメラを設置する場所、そしてその設置方法の3つになります。それらを順に解説します。

1.カメラの選び方

色々な種類があり、業務用と家庭用といった感じで、その用途によりカメラ性能の他、システムも大きく変わってきます。ここでいいものを選ぼうとオーバースペックのものを用意しても、費用面などで無駄になってしまいます。どの程度の能力を持ったものにするかを十分考慮して選ぶようにすることがポイントになります。

2.カメラの設置場所

設置場所も用途に合わせて考えなければいけないポイントの一つです。家庭用の場合でも、目的によって設置する場所は変わってきます。玄関口でのいたずら対策なのか、空き巣対策なのかによっても場所を間違えれば効果は低くなってしまい兼ねません。

業務用についても、店内の防犯用、万引き対策や強盗対策などでも設置する場所で効果は大きく変わってきます。そのため、目的に合わせてどこに設置するべきかは見極める必要性があるといえます。

3.カメラの設置方法

もう一つのポイントとして、設置する方法があげられます。最近のカメラの中には、自分で取付けすることができるような商品も出てきていますが、取付けに失敗するリスクもあります。配線でのトラブルであったり、カメラの位置や向きがおかしくなってしまったりなど、簡単にできると思っている中で失敗してしまうなんてこともあるのです。

設置業者に依頼する場合、費用は発生しますが、確実に対応してもらえるだけでなく、見た目もきれいに仕上げてくれますので、専門業者への設置依頼も検討するといいでしょう。

防犯カメラを設置する際の注意点

防犯カメラを設置する場合、注意しておかなければいけないポイントもあります。それは撮影エリア内で死角を作らないこと。死角を作ってしまうとせっかくのカメラも効果が期待できなくなってしまいます。目的に応じて死角ができないように設置をすることがポイントです。

また、空き巣や泥棒対策の場合、防犯カメラの存在アピールも重要になります。防犯効果を目的としている場合、設置するだけでなく、カメラが存在することをアピールすることで、防犯効果を高めることができます。そのため、ステッカーなどでカメラ設置をアピールすることも防犯上で抑止力になるといえます。

防犯カメラを設置して空き巣対策をしよう

カメラを設置する際のポイントについて解説いたしました。設置する際に意識したいポイントは「選び方」「設置場所」「設置方法」の3つでした。そして、その設置する際にも注意ポイントがあり、それを意識することで防犯効果をさらに高めることができることについて解説いたしました。

防犯カメラは空き巣対策の抑止力になります。そのため、治安が気になるところでは、防犯カメラを設置し、空き巣対策をするようにしましょう。

お問い合わせはコチラ

お気軽にお問い合わせください。050-6871-0100受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ